PV-Netが「エコプロダクツ2009」に出展
―神奈川の会員・田辺啓平さんが発表―
日時 : 2009年12月10日〜12日
場所 : 東京ビックサイト「東展示場」

写真をクリックすると大きく表示されます

12月10〜12日の3日間、東京ビッグサイト[東展示場]で日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2009」が開催された。

初日10日に会場を訪れてみた。国際展示場の東展示場いっぱいに電気メーカー、自動車メーカー、製紙会社、イトーヨーカドーや保険会社まであらゆる業種の会社。NEDO、大学、NPO・NGO、これらを見て歩くのは容易ではない。くまなく見て歩くには3日間あっても無理だろう。

ものすごい人出だ、小・中学校の生徒たちも先生引率の団体で入場してくるなど、広大な会場内ではあるが大変な混雑であった。

東6ホールのネットワークステージでは、神奈川の会員田辺啓平さんが発表を行った。

テーマは「わが家の太陽光発電所―自給率100%を目指す―」、11:50〜12:05までの15分間、堂々のプレゼンテーションであった。聴衆はおよそ30人前後のようだった。

「時間が短いので、ご質問、その他聞きたいことは、N-046のブースのほうにお寄りください。PV-Netが出展していますから---」と締めくくっていた。

そのPV-Netのブースであるが、ちょっと手狭であって、パネル等も十分に展示できない状況であった。素通りする人、熱心に説明を聞いてくれる人、さまざまで、人出は多かった。10時から夕方の6時まで開かれていた。(写真参照)


・・・・・・・・・・・・・・・世話人  横谷 記